日本とアメリカの転職率

日本とアメリカの転職率

日本とアメリカでは、どちらの方が転職率が高いか知っていますか?
答えはアメリカなのですが、その理由がそれぞれの国民性を表しているようで興味深いので、紹介します。

アメリカでは、自分のステップアップのために会社を変えることはとても前向きなことだと捉えられています。
ステップアップの内容は、給料アップや仕事内容の幅の広がりなど様々です。

一方日本では、少し前まで終身雇用が当たり前だったように、
一つの会社で勤め上げることが美徳されてきました。

その会社の中でいかに自分の仕事を成し得るかがステータスなので、
転職をすると「0からのスタート」と受け取られる場合がほとんどです
(日本でも看護師は例外で、看護師はステップアップのために転職を繰り返す人が多いと言われています)。

アメリカで転職すれば前進したと捉えられ、日本で転職するとスタートからやり直しとみなされる。
この違いがいつ生まれたかはわかりませんが、とても興味深いと思いませんか?