予防のための歯科選び

予防のための歯科選び

歯を健康に保つには定期的な歯科検診と早期治療が大切ですが、
何でもかんでも歯を削って治療してしまう歯科は良くないそうです。

歯には再石灰化という自然治癒力のような機能が備わっています。
初期の虫歯なら削らずに再石灰化を促すべきだそうです。

歯の汚れの種類は主に3つあります。

  1. 歯垢(デンタルプラーク)
  2. 歯石(歯垢が石灰化したもの)
  3. 色素沈着


歯垢は歯磨きなどで除去が可能ですが、
歯石となってしまうと歯科で除去してもらわないと取れません。
歯石があると歯周病にもなりやすいので歯科で定期的な歯石除去や
歯面清掃などの予防処置を受けることが大切です。

ムシ歯の予防としては甘い食べ物や飲み物の過剰摂取を控えること、
食べたら歯を磨くことで効果が期待できますが、
再石灰化を促進する意味でもフッ化物の利用が望ましいようです。
歯科でフッ化物の歯面塗布を受けたりフッ化物配合の歯磨き剤を使用して
虫歯や歯周病を予防することが望ましいと考えられているようです。

ハブラシ