お金を貯めるには

最近の人々の趣味は「貯蓄」だそうですね。
ボーナスをもらっても、半分~8割方は貯蓄するという話を聞いたことがあります。
確かに、今はお金が貯まりにくい時代・・・それに加えて年金や税金など、将来の不安要素もたくさんあります。万一のためにも、お金はあるに越したことがないのです。

しかしながら、どうしても貯められない!って方、中にはいらっしゃると思います。
実はそんな人ほど、「クレジットカードを使う」傾向があるんだそうです。

クレジットカードの画像

クレジットカードは確かに便利です。
ネットショッピングはもちろん、ファミレスなど使用できる場所も増えました。現金を一切持たずに、カードひとつで生活をしている人もいると聞きます。
ですがこの魔法のカード、何にいくらお金を使ったかがわかりにくく、支払いも翌月や翌々月であることが多いため、支出の計算が立てにくいのです。

中にはクレジットカードを使いすぎて支出が収支を上回り、支払いが困難になって消費者金融からお金を借りる方もいるそうです。しかし、その返済にも追われて別の業者からお金を借り・・・ひどいと自転車操業になってしまい、結果、債務整理をした方もいると聞きます。

「自分は大丈夫!」なんて思わずに、いま一度ご自身のお金の使い方を見直してみてください。1ヶ月ほど現金のみで過ごしてみれば、支出傾向もわかって貯蓄を始められるかもしれませんよ。

消費者金融から多額のお金を借りていた、もしくは借りている、
そういった方の借金問題について考えた時であれば、
債務整理は大きく関係してきます。

債務整理とは何か?といわれると、
あの自己破産も、この債務整理の一つであり、近年よく耳にするようになった、
払い過ぎた利息分を返還請求する過払い請求もこの債務整理の一つです。

特に過去に消費者金融からお金を借入していた方であれば、
過払い請求できる可能性が高い、といわれています。

これは消費者金融が高い利息で貸し付けしていたため、
本来払う必要のない金利分まで、請求していた可能性があったからです。

この場合、既に完済済みであれば、この払い過ぎた分のお金を請求すれば、
返還される可能性があるわけですが、この過払い請求も年々・・・
スムーズに返還してもらえなくなってきています。

それは過払い請求による過払い金返還することは、
消費者金融業者の経営を圧迫しているからです。
特に銀行の後ろ盾がない業者であれば尚更のことといわれています。

このことからも、請求をするのであれば、
早めに請求することが望ましいでしょう。またもし請求する場合は、
弁護士や司法書士に依頼することで、返還請求した金額が変わることもあります。