良い歯並びとは

良い歯並びとは、噛み合わせが良い歯ということですね。
ヒトの歯は通常乳歯が20本、永久歯が28本~親知らずを入れて32本生えます。
歯の役割はものを噛むこと以外に発音すること・顔の形を整えることなどがあります。
歯並びが悪くなる原因は様々ですが、日本人はあごが小さく歯があごに入りきらないため歯並びが
悪くなってしまうケースが多くみられます。

あごに歯が入りきらないため歯が重なってしまうことを叢生(そうせい)といいます(乱杭歯とも呼ばれます)。
八重歯なども叢生の一種です。
親知らずが生えてきて叢生になるケースなども多いですね。
叢生を治療する方法は永久歯を抜いて隙間を作り矯正治療を行うことが一般的です。

歯並びの悪さを放っておくと様々な障害が起こる可能性があります。
歯を磨きにくいため虫歯や歯石が溜まりやすいことはもちろん、噛み合わせが悪いことによる顎関節症・肩こり・頭痛・めまい・耳鳴り・難聴・体の歪み・血行不良・顔の輪郭の歪み・自律神経失調症など症状は
全身に及ぶこともあるのです。