BTOパソコンとは

パソコンを安く賢く手に入れる、それも使えるパソコンを手に入れたい、
そう考えるのであれば、BTOパソコンを選択肢に入れてほしいと思います。

BTOパソコンとは一体なんでしょうか。
BTOパソコンの、BTOというのはBuilt to Orderの略で、日本語訳すると受注生産です。

メーカー品のパソコンや他の家電のように、出来上がったものが店頭に並んでいてそれを消費者が買うのではなく、消費者が自分の好みの部品やソフトを選んで注文してから組み立てられ、消費者宅まで届けられるようなパソコンのことを言います。

BTOパソコンは、一般的に売られているパソコンのように、
色々なソフトは入っていませんが、その分安く手に入れることが出来ます。

実際に必要なソフトは意外と少ない、もしくはフリーソフトで使えるものも多いので、
必要なソフト、使用環境を整えることが出来る方であればBTOパソコンを手に入れるほうが賢い選択だと思います。

必要なスペック、環境を自分好みで揃えることが出来ます。
不要なものを省くことで、より無駄のない目的に沿ったパソコンを手に入れることが出来るのです。

BTOパソコンは、PCパーツショップなどで販売されているケースが多いですが、
DELLなどのようにメーカーが販売しているケースもあります。

オーダー方法も簡単ですので、
初心者の方でなければ理解してもらえると思います。

どちらもパソコンを使って注文するため、2台目のパソコンや買い替え時などにBTOが選ばれる傾向があるようです。