現代病になった吹き出物

現代病になった吹き出物

吹き出物には黒ニキビ(毛穴が開いて中身が見えている状態)、
白ニキビ(毛穴が閉じている状態)があり、毛穴に皮脂が詰まり、
詰まった毛穴に乾いた皮脂や死んだ細胞が溜まった状態をいう。

黒ニキビ、白ニキビの状態から赤いニキビを作りだすのは、
ブドウ球菌と同様に皮膚に多く存在する皮膚常在菌のアクネ桿菌があり、
アクネ桿菌は皮脂を好み、詰まった毛穴の中で皮脂を栄養とし、
過剰に増殖するために、炎症が起きて赤くなったり、
膿が溜まって黄色い部分ができるという症状がでて、更に進行すると、
毛穴が破れて中身が流れだし、炎症がひろがることもある。

皮膚の深い部分を傷つけてしまうことも多く、炎症が治っても痕が残る場合が多い。
間違った化粧品の使い方は毛穴を詰まらせ、吹き出物を悪化させる場合がある。

また特定の食品の過剰摂取や、年齢等が原因とする噂もあるが、
科学的な根拠は存在しないが、ホルモンの分泌の乱れや、
睡眠不足やストレスや食生活などの不摂生な生活は皮脂分泌が
多くなると言われていることから、吹き出物も一つの現代病と考えられている。


プロアクティブ

 ↑ケア用品も注意して使いましょう!